ニュース一覧

気になる相手がいる場合に

レディ

逆効果に注意も

相手が自分に気があるのかどうかというのは誰もが気になることですが、それを知るのはそう簡単なことではありません。うっかりその気になってアプローチしてしまい、後で後悔することになるというケースはそう珍しいことではありません。直接顔を合わせてみても脈ありかどうか判断するのはとても難しいことですが、それがlineでの会話となるとかなり難しくなってしまいます。lineは今では多くの人が利用しているコミュニケーションツールであり、lineで告白というのも珍しくなくなってきています。しかし、脈ありかどうかの判断をうっかり間違えてしまうとまだ十分チャンスがあったとしても、そのチャンスを不意にしてしまう可能性もあるので注意が必要です。脈ありかどうかを判断する基準としては、lineの返信が遅かったり全く無かったりする場合には現段階では脈なしと言えます。ここでついやってしまいがちなのが相手からの返信が無いので次々とlineでメッセージを送ってしまうということです。これは完全に逆効果であり今後の付き合い方次第ではチャンスがあったとしても、一方的にメッセージを送る行為は相手にとって迷惑と感じてしまいチャンスが無くなってしまうことが多いのです。また、内容が短文だったりこちらと全く予定が合わないというケースも残念ながら脈ありとは言い難い状況です。しかし、人によっては脈なしではなく短文での返しが普通であったり本当に予定が合わなかったりする場合もありますので見極めが大切です。

Copyright© 2017 空いた時間に婚活するなら|ネットタイプの結婚相談所を利用しよう All Rights Reserved.